立会検査・施工指導

INSPECTIONS/GUIDANCE

立会検査

KKベスト

KKベストの立会検査風景 KKベストの立会検査風景
試験名 試験条件 継手サイズ(Su) 判定基準
[1] 施工のご体験(拡管機による拡管と継手セット) 20
[2] 施工性試験 高所施工性 20 トラブル無く施工できること
模擬施工速度比較 20 拡管式継手より施工が早く完了できる事
[3] 引抜試験 空気圧0.2MPa 2mm/分で管を引抜く 拡管標準品 20、50 最大引抜荷重がSAS322の規定値を満足する事
拡管不足品 20、50
[4] 異物付着品試験 拡管後、管の表面に水をかけ、砂をかけて接合して、水圧0.5MPaで漏れの有無を確認する。 20、50 漏れが無い事
[5] バリ付き管施工試験 バンドソーで切断し、面取り無しで拡管機に通る範囲のバリつき管を継手に接合し、水圧0.5MPaで漏れの有無を確認する。 20、50 漏れが無い事
[6] 高水圧試験 配管後、最高使用圧力の4倍の8MPaの水圧を加える。 20、50 異常が無いことを確認する
[7] SAS322性能試験設備の案内 振動試験機、内圧繰り返し試験機、など

おっぞんくんB

おっぞんくんBの立会検査風景 おっぞんくんBの立会検査風景
試験名 試験条件 サイズ 判定基準
[1] 曲げ試験
(引張り試験室)
供試体に空気圧0.5MPaを封入し、引張り試験機にて継手の中心に曲げ加重を加えた時、漏れが発生する荷重と変位を測定する φ9.52(O材)
φ28.58(t:1.0)
曲げ角度15°以上である事
※支持間隔は1mとする
[2] 引張り試験
(引張り試験室)
継手の両端に管を接合し、引張り試験機にて2㎜/minの引抜速度で漏れが発生するまで行い、抜出し阻止力の測定を行う φ9.52(O材)
φ28.58(t:1.0)
耐圧試験実施済のため規定値なし
[3] 水圧破壊試験
(開発テスト室)
継手の両端に長さ500㎜の管を接続した後、テストポンプにて徐々に水を加圧し、漏れおよび管の抜けが発生する水圧(限界水圧値)を圧力計指示により測定する φ9.52(O材)
φ28.58(t:1.0)
耐圧試験実施済のため規定値なし
漏れおよび管の破壊が発生するときの状態を確認する
[4] 締込みトルク試験
(開発テスト室)
ナット締込みトルクをトルクレンチにて測定する φ9.52(O材)
φ28.58(t:1.0)
[5] ナット緩みトルク試験
(開発テスト室)
ナットの緩みトルク値の測定 φ9.52(O材)
φ28.58(t:1.0)
緩みトルクが供回りトルクより大きいこと
ページトップへ

〒586-0012 大阪府河内長野市菊水町8-22
TEL 0721-53-2281(代) FAX 0721-53-2279

Copyright(C) Higashio Mech Co.,LTD. All Right Reserved.